orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

“心”はそこにはない ~脳男

生田斗真目当ての女性が多かったみたいですが、終わった後、かなり後悔した人が多いようで、みなさん口々に「怖い」「気持ち悪い」「私、ホラー好きだけどこれだめ」と言ってました。

いわゆるシリアルキラーってのをメインに据えた物語なので、イカれた人間の壊れた言動をこれでもか!ってほど見せられることになります。
しかもそのイカレた人間が複数でてきて、こっちの精神の屋台骨を砕いてくるような事を連続技かけてくるので、普通の感覚で見たらかなりキツイ。
残虐なシーンで攻めるというよりは、心理的にじわじわきます。

主人公が必死に叫ぶ良心とか正義とかも、見事に空回りして、最悪の結末を迎えるこの物語。
正直なところ、その主人公に共感するところが欠片もないって部分で、我々の“良き人”な部分が根底から覆る仕組みなのは、鈴木一郎がヒーローにしか見えないものとあわせて、とても上手い構成になっています。

「あなたは人を殺すために生まれてきたんじゃない!」と叫ぶ主人公ですが、それは引いては、弄ばれた挙句に惨殺された彼女の弟は「殺されるために生まれてきたんじゃない」という事につながってるのではないだろうかと、見ていて思いました。

彼女が必死に信じようとした「人間は本質として“殺人”をしない」というものを、この話は堂々と否定しまくってます。

身内を惨殺され、その結果家族崩壊、人生破壊されている彼女が、その犯人を憎まないで救おうとする所、あとで考えると、彼女が提唱していた犯罪者の社会復帰治療への皮肉になっていて、ストックホルム症候群の派生みたいな感じにも見えなくもない。
犯人を憎まない、彼に愛情をもって接するとか信頼するとか、シリアルキラーよりこっちのほうが私には異常に見えました。

もしかしたらそれこそが、この物語の“狂気”の本質なのかも。

江口洋介演じる刑事も、わけわかんないし、衝動的だし、結果として犯人逮捕の足ひっぱるわ、言ってることとやってること違うわで、はっきりいって邪魔なばかり。
犯人取り逃がすわ、目の前で警官射殺されるわ、部下の命を危険にさらすわ。。。見ていてそれこを、射殺レベルと思いましたが、これもいわゆる、“正義”の名のもとに行われているという所がミソ。

細かい所が無茶苦茶甘い作りの映画で、目を指でくりぬくのにそれは無理とか、爆弾処理班でそんな無用心な事しないとか、火薬量に対して爆発規模が全然あってないとか、小柄な女の子が大の男をどうやってそこまで運んだ?とか、まぁ色々ツッコミどころ満載でした。
冒頭のバス爆破シーンも、あんな血まみれの女が乗車した時点で大騒ぎだろし、鉛玉を爆破と同時に飛ばす爆発だったら、周囲の人間の身体がまともに残っているわけもなく、普通の爆破でもあの子供の状況はちょっと不自然。
そも、あれだけの爆薬、どうやって調達したんだ?

「悪の教典」のハスミンと違うのは、ハスミンは自分に都合が悪い=殺しちゃえって人で、そこに快楽殺人な部分ははいってますが、「脳男」の犯人は“それをやるのが当たり前”な人たちなので、「食べるのと同じレベルで殺す」って種類と思います。
ただ、「憎しみ」のために人を殺すのと、「そこに人がいるから」殺すのと、何がどう違うのかって言われると、結局は「人としてどうよ?」って部分にいきつくような気がしました。

そういう意味ではこの映画、ひじょうに面白いですが、俳優陣がとにかく熱演していて、とくに人間イカれた方を演じた人たちの演技が迫真すぎて、後味悪いわ、気色悪いわで、普通にお薦めしません。

これを見る前に、たまたまFBIの本拠地に召喚されて行った人の話を聞く機会があり、そこで実際で捜査に協力しているという、リアル・レクター博士なる人物の話を聞いたばかりだったのですが。
その人物はすでに高齢だそうですが、23人の人間を殺害しており、その殺害方法が聞いただけでも「うわぁ……(フリーズ)」みたいな状態で、ブログに書くとか、もうそういうレベルを超えてるという感じ。
壊れた人間のことは壊れた人間にしか理解できないという事だそうで、彼のアドバイスや解説によって解決した事件は数知れないとのこと。

しかし彼に会ったというその知人、「見た感じ、普通のおじいさんだったが、ただそばにいるだけで、凍りつくような恐怖を感じた。本能が教えるという感じで怖かった」と言ってました。

そこから見ると、「脳男」に出てくるイカれた人たちは、まだ理解できる範疇だと思います。

個人的には、衝動や感情から発した殺人というのには“更生”というのはあると思いますが、人間がイカれてる人はそもそも、人としてあるべきものが存在してないと思うので、良心って部分に訴えるとか意味ないし、“更生”なんてのも無理と思ってますが、どうなんだろうか。

鈴木一郎が殺すのは、凶悪殺人犯だけなんですが、主人公はそれも“人殺し”とします。
それは確かにそうなんですが、鈴木一郎の殺人の結果、救われる人間、救われる命があるという事実が、「じゃあ、人の命の価値に差はあるのか?」という疑問を我々に残します。
それは、精神科医が人々を救おうとした事すべてが、最終的には仇になるという最悪の結末にもつながっており、彼女や刑事が信じる良心や正義は、最後には粉々に破壊されるエンディングにつながっていくわけで。

とてもよく出来ているんですが、派手な部分があまりなく(殺害シーンはそりゃもう派手以上だが)、鈴木一郎が基本的にほとんど動かないので、ハリウッド的展開を期待すると、肩すかし食います。
んでもって、冒頭でも書いてますが、そこらのホラーより精神的にくるので、万人にはお薦めしません。

個人的には、松雪泰子の顔が能面みたいで、むしろそっちが怖かったでした(苦笑)


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3753-7c358b09