orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

クマは永遠にクマでいて ~テッド

けっこうな人気になっていると聞いていた「テッド」を見てきました。
いつもはすいている地元の映画館、ほとんど席が埋まっているのは久しぶりに見ました。

友達のいない少年の願いが、なんでか知らんがかなって、ぬいぐるみのクマに魂が宿ってしまったって話。

そこまでだったらかわいいステキなファンタジーですが、この話はそこから少年が35歳になって、相変わらずクマのぬいぐるみと生活してるって所がミソ。

愛らしかったクマは、「生きてるぬいぐるみ!」ってことで世間の注目を浴びて、一躍セレブレティに(笑)
しかし、人々は飽きっぽく、クマ離れできない35歳男の恋人は、「大人になれ!」と言うようになります。

正直なところ、さほどに面白い映画とは思えませんでした。
終わった後、同じ事言ってる人たちが他にちらほらいたので、あながち私だけの意見だけではないと思われ。

ネタ的にはけっこう引っ張られるものもあったし、テディの口の悪さもそれなりには面白かったのですが、場内爆笑とか、うっかり吹いちゃうような事もなく、わざとらしい感じのコメディトークを黙ってみてる感じになっちゃいました。

フラッシュゴードンのネタがけっこうあったのですが、実際あの映画見てる私でも、そこまで引っ張られるネタでもなかったし、どこをどう笑えばいいのかなーって感じです。

B級ならB級な作りに徹してしまった方が、面白さは増したんじゃないかと。

ぬいぐるみのクマのセックスシーンが堂々とありましたが、あとで男性器はないとはっきり言われてて、「じゃあ、あのシーンなんだったの?」って思ったりとか、けっこうぼっこぼこに穴がある設定だったりしてます。

これはもう、宣伝の勝利な映画だなーと思いました。
クマなテディの動きは、かなり愛らしくてよかったです。


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3742-ad451391