orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

スリランカ アーユルヴェーダの旅 そのに

アーユルヴェーダ以外のスリランカの旅レポです。

suri7

2日目、予定されていた時間に治療室にいったら、いきなり時間が変更になったと言われました。
アジアな国のことなので、そこで怒っても仕方ないとさっさと切り替え、ホテルの車をチャーターして外出しました。
前にも書きましたが、かなり重度のパニックディスオーダーがあるので、遠出は無理。
なので、車で15分ほどのところにあるスーパーに行ったのですが、通りすがりでお寺発見。
運転手さんに頼んで、連れていってもらいました。

スリランカは熱心な仏教徒が多く、お寺にはいるには門のところで靴をぬがなければなりません。
門から中、道路も建物もすべて、お寺境内内は裸足で歩きます。

suri8

本堂は日本と同じく大変大きく、仏像も大きなものがおさめられていますが、脇にこういった祈りの場所があって、どこも熱心に祈る人たちが床に座って祈ってました。

スリランカでは、お坊さんはとても尊敬される立場にあり、みなひざまずいで挨拶をします。
お寺では、そのお坊さんにお祈りしてもらいながら右手に白い糸を巻いてもらう儀式みたいなものがあり、その糸が切れる時に祈りが届くと言われているそうです。

私もここで、お坊さんにお祈りしてもらいながら糸をまいてもらってきました。

後半、体調も戻り、長い滞在にかなりだらけていたので、勇気を出して遠出してみました。
何があるのかも知らず、行く宛もないので、ホテルのマネージャーの方に相談してベントータという海岸沿いのリゾート地に行くことに決定。
行ってみたら、2年前に滞在したバーベリンのある場所でした。

ツァーにはいるのはきつかったので、やっぱりホテルの車をチャーター。
前回と同じ運転手さん、とてもいい人で助かりました。

最初、なんか得体のしれないインド人が押し売りしまくる変なハーブ園に連れていかれたのでどうしようと思っていたのですが、その後、世界的に有名な建築家バワの作った庭園に連れて行っていただきました。
なんかすごい山道はいっていき、「どこへ連れていくのおおおおお!!」って叫んでいたんですが、運転手さんが「大丈夫だから!!」って何度も叫び返すというおかしなドライブだった(笑)

suri9

バワガーデン、素晴らしかったです。

しかし私にとっては芸術的素晴らしさより先に、「すげーすげー!!ここ、アドベンチャーゲームまんまな世界やん!!」になり、ゲート見て大騒ぎ、森の中に通路はいって大盛り上がり、彫像みて大興奮で、案内してくれたハンサムな庭師さんが「なんかこの人、違わね???」な感じありありになってたです(笑)

私の体調のことを運転手さんが庭師さんに話してくれていたので、ゆっくりゆっくり案内していただくことになったのですが、個人所有の庭ってこともあって、その時の見学者は私だけで、30分くらいでまわれるって所、1時間半もいました。

んでバワ兄弟ですが、「生涯ふたりとも独身でした」って説明をうけて「ん?」ってなってたら、バワ製作の彫塑がもうまんまどかーん!と○○○○な部分強調で、思わず「バワってゲイでしょ?」って言ってしまいまして。
そしたら庭師さんが苦笑いして、「そこまでダイレクトにはっきり聞いてきたのは、あなたが初めてですよ」とか言い、思わずふたりで大爆笑しました。

庭にあるシャワールームも階段も彫像も、「あはははは、ゲイだ、ゲイだーーー!!」ってくらいゲイテイストにあふれていて、どんだけゲイパラダイスなワールドだったんだか。。。と思ってたら。

suri10

「あなたなら説明いりませんね」って言われて見せられたこの絵。
バワはこの庭を作って美少年をごっそり集めて、ゲイパラダイスな生活を送っていた時期があったらしいです(爆)

庭でマンゴスチンや色々な果物食べさせてもらったり、ゆっくりじっくり見学させてもらったりで超堪能させてもらいすぎて、「紅茶でもいかがですか?」って言っていただいたのを辞退して帰らなければならない時間になってしまったのが悔やまれます。

とにかくここ、素晴らしかった。
また行きたいほど。

suri11

その後、運転手さんが帰り道、「市場見たいならよってあげるよ」と言ってくれたので、ちょろっと立ち寄りました。

スリランカは魚市場もあっちこっちにたっているのですが、当然のことながら冷蔵システムはない。
ないのでそのまま並べてるんですが、行ってみたらすっごい生臭い臭いで「うわああああ」になりました。
こういうのはやっぱり、現場にいって自分で体験しないとわからないことだなと実感。
なんか黒い霧が周囲にあると思ったら、ハエの大群でした(苦笑)

ホテルでシェフに料理を習った時、魚料理は臭いがひどいので、最初にライムで洗ってから調理するって話を聞いたのですが、これ見て納得でした。

suri12

スリランカ、内戦終了からだいぶたっているので、街中の兵士の数もかなり減っていました。
地元の人の話だと、治安はとてもいいそうです。

日本に対する印象はとてもよいらしく、どこへいっても日本人とわかると色々な人が話しかけてきました。
まだまだ日本人は、観光客含めても多くないようです。

suri13

スリランカに行ったと言うと、「何しにいったの?」と聞かれますが、そもそもわざわざアーユルヴェーダの治療受けにいくとか、確かにレアな旅なのかもしれません。

ただ、帰ってきてから、明らかに気持ちも身体も変わっていることがわかり、行ってよかったなと思いました。

世界遺産もあるし、自然も豊かでいろいろ観光で見てまわる場所もたくさんあります。
アーユルヴェーダの施設も、のんびりするにはとてもいい所。
いわゆる日本人が考えるリゾートとはちょっと違いますが、違う意味で豪華な旅だったんじゃないかなと思います。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3601-ff79e816
-
管理人の承認後に表示されます
2012.07.08 17:40