orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

色々なものがつまってた 〜スーパー8

SUPER 8/スーパーエイト [DVD]SUPER 8/スーパーエイト [DVD]
(2012/06/08)
ジョエル・コートニー、エル・ファニング 他

商品詳細を見る

劇場で見損なっていたもの、PS3ダウンロードで見ました。
便利な世の中になったもんだ。

上映時、情報公開ほとんどせずなほぼ完全秘密、「ET」へのオマージュとか、色々聞いていたんですが、まぁ、そこまで驚くほどのすごさはなかったと思います。
でも、面白かった。

一番最初に「すごい」と思ったのは、主人公ジョーの母親が事故で死んだというのを、説明文及び説明台詞いっさいなしで、あくまで“見せて”視聴者に知らせていること。
そして、ある男がその母親の存在に関わってることが、示唆される冒頭シーンは秀逸でした。

この映画、その後も説明文、説明台詞がまったくない。
見せて、あるいは会話の端々で、見ている我々に「ああ、なるほど」「そうだったのか」ってのがわかる感じになっていて、構成とか演出とか見事でした。

目新しい部分はさほどになく、悪役なはずの大佐もあまり印象なく(なんでこのテの悪役はみな、ラピュタのムスカっぽいんだろうかw)あっさりやられちゃうし、エイリアンもあんなに大仰に隠さなくてもいいんじゃね?みたいな感じでした。

人間食ってる!みたいな事言ってましたが、実際食ってるかどうかは不明。
ってか、あんな逆さ吊りにずっとされてたら、脳みそに血がのぼって普通死ぬわ(笑)

見所はエイリアンの部分ではなく、少年たちの交流、映画づくり、そして親子関係にあります。

個人的には、あの至ってオタク集団な映画作りチームの愛らしさがいい。
しかもそれぞれ、しっかり役割ができていて、「君たち、そのまま人生突っ走れ」とか思いながら見てました。
監督やってたチャールズがとくによくて、あの歳であれだけのことが出来るなら、君はいつかしっかりつかめるよ!!と思いました。
そのチャールズの家族もすごくいい。
次に、爆薬大好きなケアリー。
歯列矯正きらきらさせて、いつでもどこでも火薬のことしかない彼も、きっと自分の道をがっつり歩いているくだろうなって思いました。
このケアリーが、なんかすごくかわいいんだ(笑)

私は、変によく出来た子とか聞き分けのいい子とか、あるいは万人受けするちゃんとした子とか、興味ありません。
面白くない(笑)
子供って“違い”に敏感で、いわゆるマイノリティな部分を持つ子供にはつらい状況になりがちですが、私はむしろそのマイノリティな部分を持っている子供が好きです。

自分の好きなことが子供の時にすでに本人がわかってるって、実はすごいことなんだと思います。
それはひとつの才能だし、それをどういう方向に開花させていくのかっていうのは、教師や親の采配にかかってる部分も大きいと思う次第。
そういう子見ると、「がんばれー」って思います。

んでこの映画、実はED後のテロップは本編です。
見てない人には何のことかさっぱりわからないと思いますが、見た人は絶対「うん、そうだよね」ってなものが、ED後にあります。
この映画は、世界中の映画大好きで自分で作りたいって思ってる子供たちへの、壮大なスケールの応援映画と思います。

いやぁ、チャールズはすごい才能あると思うんだ。
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

矢野トール says..."Re: タイトルなし"
シバッチさん、どもどもですー。

> 列車事故のシーンが五月蠅いっ、しつこいっ、
> でした(笑)

わかります(笑)
ってか、あれだけの大事故で、つっこんだ先生なぜ生きてる?と思いました(笑)
すごいですよね、あのシーンはいろいろな意味で(笑)

> 実際は憧れだけで終わったんだろうなぁ、と。
> 活動的な男の子(チャールズでしたっけ?)に取られちゃったんじゃないかなぁ、と(笑)

なるほど、確かに!!
でもチャールズはおデブちゃんなので、もし本当にそうだったら、アメリカ人の子供とか、訴求力ないんだろうなと思いました(笑)
まぁ、妥当なところで主人公とラブって感じでしたよね。

> 洋画って、テロップ流れている間が真っ黒で暇なんで嫌だったんですが、この作品はそういう点で良かったですわ。

本編はあれですよ、あれ!!(笑)
その前はながーいプロローグなんです!!

作ってた映画、ちゃんとできてたんだー!!って思って、ワクワクしました。
けっこうよくできてましたよね。

2012.03.25 01:54 | URL | #- [edit]
シバッチ says...""
どうもです~~。

私も観ましたよこの映画。
父がカラオケ屋のアンケートに答えたらタダ券もらったので。

印象としては・・・

列車事故のシーンが五月蠅いっ、しつこいっ、

でした(笑)

いや、映画館で観たら五月蠅かったんですよ物凄く(笑)
そんでやたらと長いんで、「いつまで続くのこの事故のシーン」とうんざりしました。

あと、主人公が女の子と上手くいくのは、監督の願望が入っているように感じましたわ(笑)
いや、幼い頃の思い出を映画化したように思えたので。
実際は憧れだけで終わったんだろうなぁ、と。
活動的な男の子(チャールズでしたっけ?)に取られちゃったんじゃないかなぁ、と(笑)

最後のは確かに面白かったですね。
洋画って、テロップ流れている間が真っ黒で暇なんで嫌だったんですが、この作品はそういう点で良かったですわ。
2012.03.21 21:38 | URL | #tvwK72QI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3480-88f0beef