orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

オタク趣味で人生を破滅する

フレンドの中に、ゲームやりすぎて大学留年した人がおります。

私とフレンドになった時にはすでに留年が決まっていたので、本人、「時間ある!トップランカー目指す!」って言ってて、実際バイオハザードではランカーになってました。

身近で、ゲームやらオタク趣味やらで道はずしたってのはその彼くらいで、それもわりと小規模な感じ。
他では、昔、アンジェリークにはまりすぎて生活破綻、離婚されちゃった主婦ってな人の話を聞いたことはありますが、直接知ってる人じゃなかったので「すげー!」で終わってました。

ところが最近は、いろいろな情報が耳にはいるようになり、実はそういうので生活破綻、人生破滅になっちゃってる人がけっこういるってのを知りました。

モバゲーとかをやりすぎて、数十万単位で課金しちゃった人とか、ミクシのアプリにはまりすぎて、夜も寝ないでやってるとか。
身近では、ちょっとでも時間があれば、分単位で携帯開いて、牧場の世話してる人とかいてびっくりしたことがあります。

オタクでもゲーマーでもない友人が、ビグライフというのにはまり、帰宅後は午前様までプレイ、家族まで巻き込んで果物とか畑とかの世話やってもらってるって話し聞いた時は、本当に驚きました。
普段は料理なんか絶対しない彼女が、ビグライフでは畑に種まくところから始めて、シチューとか作ってるって聞いて、さらにびっくり。

一時期、鋼の錬金術師に狂って、生活破綻した人を数人、やっぱり間接的に話しに聞きましたが、こっちは同人誌やグッズ買いあさって100万単位でお金使ってたとか、同人仲間と萌え話するのに明け暮れて家族放置で離婚に至ったとか、そういう話でした。

そしたら先日、知人から、「ゲームのために会社を辞めた同僚がいる」という話しを聞きました。

私は知らないゲームでしたが、ネットワークとか携帯とかのゲームらしく、コミュニティをメンバー全員、24時間態勢で守らなければならないんだそうで、そのために「仕事してる時間がない」ってなことでの退職だったそうです。

びっくりしすぎて、口あんぐりでした。

「なんか間違ってないですか?」って言ったら、「間違ってるどころか、どう考えても頭のタガがはずれてるが、本人には納得のいく理由になってるんだからどうしようもない」と言ってました。

仕事やめて、24時間携帯のぞいて、それで生活はどうするんだろうか。


以前、「矢野ちゃんは熱中するとか、炎上するとかない。いつも冷静だ」と言われたことがありますが、そんなことはありません。

バイオもコールも大炎上してるし、そうでもなければ、毎晩9時とかにきっちりテレビの前に座ってPS3オンとかしないだろうさ。
挙句に、下手くそでぼろくそにされるのに、地道に練習して、地道に努力して、地道に勉強するとか、よっぽど熱中してないと出来ません。

アンジェリークや遙かとかは、初めてゲームで徹夜して朝チュンしたし、同人誌買いすぎて肩脱臼しかけたりとか、自分でもアホかと思ったほど。
当時を知ってる友人は、「あれを炎上してないと言ったら、炎上って何のことを言うんだ?」と笑ってました。

確かに、燃えすぎて我を忘れる。。。とかってのは確かにありません。

ゲームもだいたい0時前には終わるし、同人誌も予算の範囲内で買ってます。
熱中しすぎて次の日仕事なのに明け方までゲームとか、好きなアニメのために、同人誌やグッズ買いまくって経済破綻するとかってのはありません。
ってか、普通は出来ないと思う。

健康管理も、元気で楽しくゲームして、オタク生活するために大事と思ってます。
仕事は、そういう楽しい生活を維持するために大事なもの。
もちろん、そういうもののために、友人や関わりのある人たちをないがしろにするってのもないです。

これって普通にあるボーダーと思ってますが、どっかで掛けがねはずれちゃうってこともあるのかもしれないです。
ただ、それを自己管理するのも自分で、子供じゃないんだから、そのあたりはきっちりけじめつけるのはある意味最低限の自分へのルールなんじゃないかとも思われ。

考えてみると、ソムリエもチホちゃんも、日本中、あれだけのイベントで駆けずり回っていても、約束ほかしたり、仕事いい加減にしたり、時間にルーズだったりしたことはありません。
ゲーム友もみな、自分の仕事の時間にあわせてプレイしていますし、家族のある人はその状況に応じてプレイ時間決めてたりしています。

先日、別の知人から、タイバニ炎上で本当にちょっとおかしくなってしまったって人の話しを聞きました。

お子さんもいる主婦の方だそうですが、ありえないほどの同人誌をネットで購入して、おうちがとんでもないことになってしまっているんだそうです。
たまたま別で買物部隊の冬コミの騒動の話を聞いたその人、涙こぼして「私もそうなってしまう、それ以上になってしまう可能性がある。家族がいるからぎりぎりのところで自分を保ってるけど、あとちょっとのところで、タイバニのためにすべてを投げ出してしまうかもしれない」と言ってたとか。

どうやったらそんなんですべてを投げ出してしまえるのか、むしろそっちを教えてほしい。

そういえば以前、インド料理教室に通っていた頃のことですが。
そこで知り合った、当時40歳ちょっとくらいの独身の女性、帰国子女で英語堪能、大手企業に勤めていて、えらく優雅に暮らしていた様子ですが、すっごいジャニーズオタクでした。

とても熱心に通っていたのに、ある時からぷっつり教室に来なくなって不思議に思っていたのですが。
お世話係担当になった時、次の教室の日程を連絡したら、「当分参加しませんので」と言われました。
仕事が忙しいのかな?と思って聞いたら、「8時から、キンキキッズの出る番組の放映が始まったから」と言われました。

一瞬、何言われてるんだか、わからなかった。。。

その番組を見るために教室には行かれないって意味だとわかったので、「録画しないんですか?」と聞いたら、ものすごい勢いで「録画なんかで見るわけないじゃないですか!ジャニーズはすべて、その時間にきっちり正座して、集中して見るのよ!」と怒鳴られました。

教室で、先生と他の生徒の人たちにそれを言ったら、ぽかーん。。。

生徒のひとりが、「でも、ジャニーズが出る番組って、ハンパなく多いですよ。それ全部見るのも大変なのに、すべて放映時間ジャストに見なければって、1日中テレビの前に座ってないと無理ですよ」と言って、さらに全員ぽかーん。。。

その後、先生が心配してもう連絡取ってみたところ、「ジャニーズの番組が増えたので、当分行かれません」と言われたそうです。
ちなみに先生はインド人だったので、「ジャニーズって何?何かとんでもなく怖いものみたいだけど」って真剣に言ってました。

熱中しすぎて道はずしてっちゃう。。。みたいな話しを聞くと、彼女のことを思い出します。

その人はその後、移転になったオフィスから自宅までの通勤時間がかかりすぎて、ジャニーズの時間に間に合わないという理由で会社を辞めたと聞きました。

普通に怖い。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3444-a705b9f6