orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

成功は大事なのか

SNSと呼ばれるものはいくつかやってますが、ほとんどはオタク関係の友達メインのツールだったりしてます。
とはいっても、親しい友人のほとんどがオタクですが(笑)

Facebookだけはちょっと違ってて、仕事関係とか他で、リアルで知り合った人たちとの関わりツールになってます。
私はFacebookは、ほとんと連絡ツールとしてしか使っていないのですが、Twitterと連動している人やビジネスツールに使っている人もけっこういます。

そこで最近なんとなーく気になったこと。

なんていうかやたら、成功とかさらなるステップへあがろう!とか、成功を目指す人たちと知り合おう!みたいなのが多い。
そして「この出会いに感謝!」とか「今日の出会いを明日につなげる!」とか並ぶ。
もともとそういうのには興味なくて、好きでもないせいか、やたらにそういうのが目につきます。

この人たちの特徴は、初対面感じがいい。
気軽に名刺を渡し、Facebookの登録を申請してくる。
中にはメールをわざわざ送ってきてくれて、「またぜひお目にかかりたい」って言ってくる。

そして、そのまま連絡途絶。

そんでもってその後の共通項は、自分が主催するセミナーや参加している会(だいたいビジネス関係だが)の誘いや招待のメッセージ(自動メッセージ)をがんがん送ってくる。

出会いに感謝!とか「また会いましょう」ってのは、つまりは、彼らにとってその程度のメリットがあったってレベルの話だったって感じがします。
っていうか、総じてそういう感じなので、そうなんだろうと思う。

そういえば数年前、セレブが集まるパーティとやらにご招待いただいたことがあります。
起業した人とか医者とか弁護士とか、一流企業勤務とか、そういう触れ込みで、実際そうだったらしいんですが、寒い真冬にスリップドレスきた巻髪の女性たちがハンティングする中、男性陣がみんなに名刺まいてる胡散臭さマックスなパーティでした。
婚活中の同僚のために参加したのですが、医者だの一流企業だのって言われたって、正直、そこの雰囲気が本当に得たいが知れなくて気持ち悪い印象しか残ってません。
(ちなみに同僚はその後、デートまでこぎつけたそうだが)

そこでも「成功」とかって単語がやたら使われてたのが記憶に残ってます。

若くして起業する人も多い昨今、そういう人たちから「起業しないんですか?」とかよく言われますが、興味ありません。
友人にフリーで仕事をしている人たちがけっこういますが、みんな、休暇もなく半端なく働いてます。
そのほとんどが、世界レベルの仕事していて、名だたる起業や著名人と契約して仕事してる人たちもいますが、みんな「成功」なんていったことありません。
その仕事が好きで始めて、大変なこともつらいことも好きだから!って乗り越えて続けている結果として、現在の彼らがあるって感じ。

そういうのを身近で見てるので、上に書いた人たちの言う「成功」とかって、胡散臭くてたまらんです。
まぁ、好きにやっていただいてかまわないんだが。

幸せな気持ちになるってのは、人それぞれ違うと思います。
私は、普通にお仕事して、普通に穏やかに生活できて、楽しく元気にオタク活動できればそれで幸せ。
ってか、超幸せ(笑)

オタクにとって、仕事はあくまでも「楽しくオタク生活するための飯の種」です>と私は思ってる
なので、成功って単語はあまりあてはまらないと思われ。
むしろ、仕事以外に残された時間をどれだけオタク生活に充実させるかってのが重要で、そのあたりのけじめとかメリハリは、オタクの人はすごく上手につけていると思います。

成功志向の人とは、話はあわないだろうなーって思います。
個人的には、それよりも、楽しく充実して人生すごすことが大事で、そのための努力は惜しまないつもり。
そんでもって、自分の友達にはそういう人がほとんどです。

そういうわけで、最近ちょっとFacebookが面倒くさい(笑)

成功者の告白 (講談社プラスアルファ文庫)成功者の告白 (講談社プラスアルファ文庫)
(2006/09/21)
神田 昌典

商品詳細を見る
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3400-2dcda7c6