orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

燃え尽きるまで!!

年末、まったくといっていいほどゲームできなかったフラストレーションはすごかったでした。
当然、何日もやってないので、ただでさえ下手な腕が落ちた。

そんなところに、我が師匠のRさんが「明日、朝からコールやってますから、よかったらいっしょにやりましょう」と連絡をくださり。
朝からコールにインしました。

午前10時から午後19時まで、食事もしないでゲームした!!

疲れて目がおかしくなり、立ち上がるとふらつくほどにもなりましたが、心はこれ以上ないってくらい満足と幸福感に包まれた!!
ゲーム廃人一歩手前!!

エイムがなかなか上達しなかった私、ショットガンを勧められて、なんとか使いこなせるようになってきまして。
さらにストライカーというショットガンを育てて、ついに無敵とも言われているパーク(特別付与機能)を解放。
使い手の私がまだまだなので無敵にはほど遠いですが、だいぶいい感じになってきました。

そして、今までは守りにはいってサポート的にやっていたのですが、ただでさえキルが少ないところにそれだとスコアが全然上がりません。
Rさんの勧めで、デス数気にしないで(ごめん、味方)、とりあえずがんがん前に向かっていくプレイに切り替えました。
このプレイにしたところ、キル数が増え、スコアもあがりました。

Rさんのアドバイスもいただき、とりあえずキル数にこだわらず、自分に出来ることを増やすという方向で練習してます。
最多旗取りと最多アシスト、取れるとうれしかったりします。
Rさんとやってて、「ナイス!アシスト!」と叫ばれることが多く、自分のアシストタイミングが的確なのを確認することもできました>たまに失敗するが(笑)

ショットガンは近距離戦には強いのですが、長距離はかなり無理があります。
相手がライフルだったりなんかすると、完全にアウト。
なので、そういうときはロケランかまします。
あと、イモってる人(建物とかの中や影に隠れて、狙い撃ちする人のこと)がわかった時は、がっつり撃ち込みます。
RさんがPCから見れるMW3の履歴で私の戦歴見たら、ロケランで撃破した敵の数が破格に多かったそうで、大笑いされました。
ロケラン使いすぎて、すごい早打ちになりました(笑)
なんたって、出会い頭の敵が複数だった時、瞬間ロケランかますくらい早い。
でもそれやったら、自分もいっしょに吹っ飛びますが(笑)

1回すごいゲームがあって、相手が上級者パーティでこっちは中級者中心の野良という対戦で、初盤から中盤までこちらがボロクソに負けていたのですが、途中からすごい勢いで盛り返し、最後に勝ちました。
スコアなんと、200VS199。
1点差だった。

ドミネーション、旗をめぐって激しい戦いになったりすると、すごい白熱したいいゲームになります。
その間に、裏をかいて別の旗を狙う人とか、それを守ろうとする人とか、そういうのが激しくすごい勢いで展開されるのはいいゲーム。

逆に、旗を守るという目的とはまったく関係ないところでイモる(待ち伏せる)人がいたり、旗を完全無視して敵倒すことばっかりしてる人が多いと、まったくもってしょーもないゲームになります。

Rさんは超熟練者なので、そういう人がいると徹底的に抗戦します。
こちらはふたりでスカイプやってるので、私が「やられた、A旗右横、建物の2Fでイモってる!」と言うと、Rさんが「よし!つぶす!」って感じで連携も取れる。
私が「C取られる!!」と叫んでCに向かうと、Rさんが「こっちB白熱中!よろしく!」ってなったりします。

いいゲームの時は、それぞれの力量に関係なく、チームとしての動きがいいです。
どんなに上手い人がキル稼ごうが、チームとしての動きが悪ければ負けます。
逆に、圧倒的に敵が強くても、チームの連携がよければ勝てることもあります。
勝っても全然面白くないゲームってのは、連携がよくないゲーム、何やってんだかわかんないゲームの時。

Rさんとやってて一度、最悪に連携のよくないチームの時がありました。
B旗の攻防がすごかったのに、味方のほとんどがどこで何してるんだかさっぱりわからない。
明らかに敵が旗の向こうにいるのに、意味不明につっこんでいく。
せっかく裏まわってるのに、敵を倒さないで旗取ろうとする。
もちろん負けました。

その後、私がひとりでプレイしていた時に見たのは、明らかにどう考えても敵がこない所で、味方2人スナイパーが
イモッてて、挙句に壁に照準あててた。
反対側の建物の影に、別の味方が2人、隠れていて何もしておらず。
ゲームとして成立していないのが明らかで、さすがに離脱しました。

Rさん関係のフレンドさんたちとプレイすると、そのあたりのスタイルが明確で、「まずは楽しくゲームすることが大事」とはっきりしていて、キルレートにこだわるのではなく、チームとして勝つことにこだわるゲームを考えるプレイです。
なので、いっしょにやっていてとても楽しい。
学ぶところもたくさんあります。

Rさんとやっていて、1日でキルレがすごい勢いで上がったので、これを維持してがんばりたいと思います。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (吹き替え版)【CEROレーティング「Z」】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (吹き替え版)【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/22)
PlayStation 3

商品詳細を見る
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3359-07df417e