orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

久しぶりにホラーを読む ~遺品

遺品 (光文社文庫)遺品 (光文社文庫)
(2010/08/10)
若竹 七海

商品詳細を見る

面白い(怖い)ホラー小説読みたいなぁと思って、書評で好評価だった「遺品」を読んでみました。
ホラーには常套の古いホテルが舞台です。

ホラーに慣れすぎているせいか、途中で何が原因かわかってしまったのですが、それでも楽しめました。
ただ、怖いかと聞かれると、そう怖い感じもなく、むしろ「気持ち悪いから(苦笑)」な感じのほうが強いです。

結局のところ、小説として出版されているホラー小説のほとんどが、人間の情念とか妄執が原因になっていて、この話もそこから端をはっした物語です。

たぶんこの小説、ラストの意外な決着にどう感じるかが一番のキィかと思うんですが、私は主人公がそこまで生きているのに悲観的とも思えなかったし、むしろ、しっかり普通にがんばってるように見えたので、違和感残りました。
彼女のことが好きな友達や男性もいて、仕事もちゃんとあって、やりたいこととかもあるのに、なんであれでいいことになっちゃうのか、むしろ疑問。
絶望的になるほどのことがどこにあるんだー!!

ってことで怖くなかったんだけど、面白かったので、1日で読み終わってしまいました。
軽い感じで読めるホラー小説です。。。って言い方が一番あってるような気がする。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3231-d2a106d6