orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

正しいことが正しく通るわけではない真実 ~3月のライオン新刊

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
(2011/07/22)
羽海野チカ

商品詳細を見る


前巻にも増して、せつない、心をえぐられるようなエピソードが並びまくってます。

ひなちゃんへのいじめがさらに激しくなっていく中、学校でひなちゃんと関わろうとする子は、少なくともクラスにはもういません。
肝心の担任も現実理解しようとしない無責任さ、対応できない能無しです。
誰も頼りにすることのできない中で、ひなちゃんはひとり、戦う。

二海堂も、彼の状態をある程度理解しながらも、そこを突くようにな勝負の仕方をするプロ棋士の前に、二海堂はそのまま臥す身となってしまいます。

残念なことに、世の中はそういう人が実に多い。
多いし、野放しになっているし、時にはのさばっている。

事実、前巻の感想が並んだ某掲示板で、ひなちゃんの言動を「零の気を引くためにやってることで、計算高い女の子だ」と批判した女性がいました。
それと同じことを、新刊でいじめてる女の子たちが言ってます。
つまり、批判した人は、物語の中でひなちゃんをいじめている女の子たちと同じ世界の住人なのでしょう。

以前、想像を超えてありえないようなことを言われてびっくりしていた私に、親しい友人が言いました。

「人は、自分に理解できる範囲でしか理解しない。その人が発する言葉は、その人本人が『自分ならそう言う』『自分ならそうする』という背景が必ずある。これは確たる真実だ。なぜなら、普通の人は、他人をいじめたり、どう貶めるかなんて、わからないし知らない。知っているからこそ、それにつながることを言える」

自分にとって大事な人のために何が出来るか、零ちゃんは考え、必死に行動しようとしています。
零ちゃんの学校の先生が「お前、それちょっと…」と言ってますが、確かに大人な我々から見れば、それは未熟で稚拙であまりにも短絡的ではありますが、でも、大事な人を守りたい、支えたいと考え行動することは、たぶん大人への大きな第一歩なっていくんじゃないかと思います。

でも現実はとっても厳しくて、他人を守るなんて、実は誰にもできないんだ。

だからこそ、零ちゃんが新刊で最後に取った衝動的な行動は、ひなちゃんにとってとても励みになるだろうこともわかります。

実は私も小学生の頃、壮絶ないじめにあいました。
男女からやられたし、生傷も絶えず、でも担任はそ知らぬ顔でした。
むしろ、いじめる子のほうをひいきにしていて、それは後日学校で問題視されたほど。
他のクラスの子や担任の先生が心配してくれるという状態でしたが、小学校というのはクラス単位で、残念ながら逃げ場なく。

悔し泣きする私に母が、「そんなに悔しいなら、やり返しなさい。どうせ中学いっちゃえば、関係なくなるんだし」と言いまして>環境激悪状況だったので、中学から私学進学決定してた

卒業式2日前、囲まれてサッカーシューズで腹部蹴られまくって昏倒、他のクラスの担任がバッド持って割ってはいり、私を助けて保健室に運び込まれました。
怒り狂う保健室の先生に見送られ、教室に戻る途中で、首謀者の男の子と遭遇。
彼に殴りかかった私、そのまま壮絶な殴り合いの喧嘩になりました。

壮絶に顔腫らして血まみれで再度行った保健室で先生超激怒、顔腫らしたまま謝恩会出席しました。
家に帰ったら母が「本当にやるとは思わなかった」と驚いていましたが、卒業式までもう学校に行かなくていいと言ってくれました。
そして卒業式も、壮絶に顔腫らしたまま参加、誰も話しかけてこなかったし、みんな遠巻きでした。
小学校の卒業写真集は、もらってそのまま捨てました。
あんな奴ら、地獄に落ちろと思いました。

その時の傷は、まだ顔に残っています。
でもこれは、私の心の証、闘いの証と思っています。

その時、いじめていた人たちがその後どうなったか、風の便りで聞きました。
その時の彼らの家庭環境や状況も、大人になってから知りました。

それを踏まえてはっきり言いたい。

ひなちゃん!!
そんな奴らの将来には、汚泥にまみれてどぶで腐ったみたいなものがきっちり待ってます!
人間は必ず、自分がやったことの尻ぬぐいする時がくる!
くだらんどうしようもない奴らには、くだらんどうしようもない人生しかないんです!

だから絶対に負けないで。
つらくて悲しくてどうしようもないと思うけど、絶対にひざを折らないで。

しかしだ。
大人な今の私から見て。

あそこまでの状態になってしまっているのなら、ひなちゃんひとりに戦わせるのは酷すぎると思うんですよね。
だから、モンスター祖父とか最終兵器おばとか総動員していいと思うし、大変かもしれないけれど転校という手段をとってもいいと思う。

馬鹿で愚かで頭がおかしい輩を相手に戦ったところで意味はありません。
奴らはテポドンですから。
頭おかしいですから。
人間イカれてますから。
常識とかモラルとか、通用しませんから。。。ってか存在してませんから。

まずは自分の身を守ることが大事なんだ。
だから、大人は子供が安心できる場所を確保できるようにしなければならないと思うんだ。
ああいう場合は、大人が大人としての力を行使していいと思うんだ。。。っていうか、しなければならないと思うんだ。

「3月のライオン」のひなちゃん周辺の大人のみなさん。
大人の力を最大限に行使してあげてください。
お願いします。

できないなら、私がします。
させていただきます。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3154-cd609571