orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

金色のコルダ 最終巻

ついに終了です。
コミックの方では、月森EDで終わりました。
妥当な終わり方であった(笑)

学園にいるという音楽の妖精に選ばれてしまった香穂子が、魔法のヴァイオリンで、同じように選ばれた音楽科の生徒たちとコンクールで競うというお話です。

コミックの方では、柚木先輩は香穂子いじりたおして終わり、志水君はなんとなく好意みたいなのは自覚しながらも恋に発展せず、火原先輩は香穂子のことすごく好きだけど、良い先輩で終わってしまいました。

ってことで、土浦と月森の一騎打ちになったんですが、無骨ながらもガールフレンドがいたことのある土浦が、見かけによらずぐるぐる考える性格で、彼がそうしているうちにヴァイオリンに対する真剣な姿勢を通じて月森と香穂子が惹かれあっていくって展開に。

当初は君のほうがリードしてたのにね~と、おねーさんは見ていて思いましたョ(笑)

私はアニメ見てゲーム始め、コミックもかい出した、遅いスタートの人です。

アニメの香穂子がすごくよくて、とにかく好きでした。
コミックのほうもとてもよかったです。

コーエー、もともとはこういう、女性にも好感度高い主人公を作るのがうまい会社でした。
ある一定の品性があり、でしゃばらず、媚びず、甘えず。
恋愛一辺倒になるんじゃなくて、きっちり別に大きな目標があります。

んでゲーム上、その目標にがんばりすぎると、恋愛ルートにはいれないという大穴にはまるわけですが(笑)>穴にはまりまくった私である

コミックの香穂ちゃんもとてもよかったでした。
男性陣が微妙に存在感薄いような感じしなくもなしなんですが、個人的には香穂ちゃんがいればいい。
伴奏の森さんがいればいい!!

マンガはどういうふうに終わるのかな?って思ったら、余韻の残る良い終わり方になっていました。
まぁ、月森と香穂ちゃんのその後は、我々の脳内でいくらでも想像するんでいいよね。

LALA、2大コーエー乙女ゲー原作が連載終了しました。
どちらもとりあえず、思いっきり最初っから通して読んでみようと思っています。

金色のコルダ 17 (花とゆめCOMICS)金色のコルダ 17 (花とゆめCOMICS)
(2011/07/05)
呉 由姫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3134-dab7be8a