orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

帰ってきました

ドイツから戻りました。

しょっぱなから怒涛のアクシデント、その後もいろいろありましたが、事故にも、今話題の食中毒にもあわずに無事戻りました。

行きの便、いきなり3時間の遅れで、コペンハーゲンで乗りかえって人が多い便で、そのほとんどが「当日乗り換え無理かも」な状態に。
我々の後ろで、パリで公開講義があるってどっかの大学の先生が「間に合わない!」ってパニックになり、怒鳴り散らした挙句にチック症の発作みたいのまで起こしていましたが、ほとんどの人は「仕方ない、なるようになるさー」な感じ。

当日中に乗れるかどうかは賭けだ!と言われた我々。
ただでさえ足りない乗換え時間に、航空会社から渡された案内図が間違っていて、全然違うところにいってしまい、最終的には空港内を全力疾走する羽目に。
ギリで間に合った乗り継ぎ便、当日中にミュンヘンはいれたと思ったら、今度はロストバゲージ。

乗り換えに40分もなかったから仕方ないが、虚脱しました。

次のアクシデントは、1日バスツァーで行ったノイシュバンシュタイン城の帰り道。

バス出発時刻をとっくに過ぎても、いっこうに戻ってこない中国人一家。
20分とかゆうに過ぎていて、ツァーガイド(ドイツ人女性)マジ切れな中、お手洗いに行きたくなってしまった私、ガイドの人に断わって、彼女が教えてくれたお手洗いに走って行きました。

んで、戻ってきたら、バスがない。

ドイツの田舎の観光地、衆人環視の真っ只中で、「ひどい!!おいてかれた!!」と日本語で叫んだ私であります。

すぐさま隣に止まっていた同じツァー会社の別のバスに飛び乗り、運転手さんに「お手洗いにいってる間に置いてかれた!!遅刻した中国人一家のためには20分も待ってたのに!!」とわけわかんないことを叫んだ私に、運転手さんと中にいた乗客なみなさま、「えええええええ!!」とものすごい声をあげ……とそこで運転手さんが、「あ!!あのバスじゃないの!!戻ってきたよ!!」。。。

バス、戻ってきました。

私がお手洗いに行くのと入れ違いに戻ってきた中国人一家、乗せたと同時に走り出したバスに友人が驚き、あわててガイドに言いにいってくれたんだそうです。
遅れた中国人一家、激怒のガイドさんに「我々は休暇できてるんだから、どうしようと我々の勝手だ」とほざき、ガイドさんをさらに激怒させ、ガイドさんは激怒しすぎて私がお手洗いにいったことを忘れたらしい。。。

ちなみに、他にも中国人の人たちはいらっしゃいましたが、みなさんきちんとしていらっしゃいました。

そして最終日、炭水化物(パン)と肉とチーズとビールばかりなドイツ料理、この究極の消化に悪い食べ合わせに私に身体がネをあげ、げろった(笑)
きれいさっぱりゲロりました。
挙句に、傷のある右足激痛。

ってことで、その日は1日寝てすごし、しかも何も食べずに終わったという。。。


旅程は、ニュールンベルグ→ローゼンブルグ→エルランゲンのビアフェス→アンバーグ→オーストリアのとんでもない田舎→ミュンヘン でした。

ビアフェス連れていかれたらテーブル全部会社の人だったとか、ご招待いただいたオーストリアのおうちが、サウンドオブミュージックの舞台になったところからすぐ近くで、しかも見渡す限りの土地が全部「うちのもの」だったとか、泊まらせてもらったおとーさん(元上司)の家で、娘さんの友達までやってきて壮大なカラオケ大会になったとか、いろいろありますが。

写真もデータでおとして、後日あらためてまとめます。

帰りの便、PSPで戦場のヴァルキュリア3絶賛プレイしていて、「よっしゃ!このまま11時間フライト、ぶっ通しでプレイするぞ!」と気合いれてたら、いきなり電池切れて、挙句に充電用のケーブルがお釈迦になって充電かなわず涙をのんだという悲しいこともありました。

んで、とりあえずなんか当分肉食べなくてもいいって気分(笑)

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/3118-990c847b
-
管理人の承認後に表示されます
2012.05.30 07:12
-
管理人の承認後に表示されます
2011.08.18 08:30