orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

BL特集なんですと ~ダヴィンチ

ダ・ヴィンチ 2009年 02月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2009年 02月号 [雑誌]
(2009/01/06)
不明

商品詳細を見る

本日発売のダヴィンチ、BL特集です。
ちなみに私、ダヴィンチは毎号買ってます。
BL特集だから買ったんじゃないです>一応言っておく

BLの香りいっぱい(とみられる)純文学に、BLマンガ家さんが挿絵つけてみた・・・・だけの特集でした。
あと、三浦しおんX松岡なつき 対談くらい。>個人的にはさほどに面白いとは思いませんでした

まー、BL大好きな人たちがわざわざ読むまでもないって感じです。
「走れメロス」も「こころ」も「車輪の下」も、私が中学生の時から乙女たちそっちで萌えてたし、JUNE読みで森茉莉知らなかったら失格と思います。
さらに言わせてもらえば、江戸川乱歩なんて思いっきりJUNEくさいし、「ドリアン・グレイの肖像」とかだってむんむんしてるじゃないか。

そういえば高校生の時、「こころ」の感想を先生から聞かれて、「根暗な男が、親友と好きな女を並べて、うだうだぐだぐだ並べてる、ホモくさい話」と言って、思いっきり先生に叱られたことがありました。
そういえば、三島由紀夫の「午後の曳航」なんて、私、少年は母親の愛人のことが好きでそっちで嫉妬してたんだと思ってた。

・・・と書いていて、ふと気づいたのですが。

JUNEとやおいとBLは違うってこと、わかってる人はどんだけいるのだろうか?

違いますよ。
違うんですよ。

JUNE、BL関係のエッセイだったら、先月でた今市子の本のほうが読み応えありました。
萌えとは、人の数だけ違うモノなので、やっぱりそのあたり理解した人が描いた方が面白いかもです。

萌えの死角 (ニチブンコミックス)萌えの死角 (ニチブンコミックス)
(2008/12/27)
今 市子

商品詳細を見る


全然関係ないのですが、ダヴィンチに出ていたこの本、読みたいです。

絶対帰還。絶対帰還。
(2008/07/23)
クリス・ジョーンズ

商品詳細を見る


2003年に空中分解してしまったコロンビア号の事故のために、宇宙ステーションから地球に戻れなくなってしまった3人の宇宙飛行士の実話だそうです。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/2091-90dcd35a