orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

女子はネタに萌える?~ 月刊男前図鑑

月刊男前図鑑 めがね編 白盤月刊男前図鑑 めがね編 白盤
(2008/08/20)
ドラマ石田彰

商品詳細を見る

月刊男前図鑑 めがね編 黒盤月刊男前図鑑 めがね編 黒盤
(2008/08/20)
ドラマ保志総一朗

商品詳細を見る

カテゴリーBLネタにしちゃったけど、実際はNL系のCDです。

それぞれの設定にあわせてキャラの声で、人気声優が甘くささやく・・・・みたいなCDです。
最初はメガネ。
くそ真面目な男の「モテないメガネ」、実は芸能人な「伊達メガネ」、好きな女性に告白できずにいる「ダメダメメガネ」、百戦錬磨のモテ男の「鬼畜系メガネ」。
この後、王子さま、ワい男、年下、先生と続きます。
サイトはこちら→

最近すっごく思うのですが、オタク女子に向けた製品って、ネタ系がとにかく多いですよね。
執事やら、制服系やらなにやら。
JUNE系ジャンルも、ジャンルわけが完全にネタ(メガネ男子受けとか、年下攻めとかそういう感じ)だし。

このCDの製作コンセプトも完全にそっち系なのですが、普通の女子ってそういうネタ系に萌えるんですか?

常日頃ひじょうに素朴に疑問なのですが、猫耳ついてたら絶対に萌えるとか、メイド服着させてこういうプレイは絶対エロとか、そういういつのまにか定番にされてるものがオタクな世界では多いような気がします。
決まりごとなんでしょうか?>本当に素朴に疑問

ネタものに全然惹かれない私としましては、声誰がやってんのかってチェキいれました。
メガネかけてるヘタれ男子攻めとか好きな人は、この「モテないメガネ」石田彰に萌えるのだろうかー。
個人的には、真面目にふつーに会話ベースなものなら、できるだけリアルにやってもらった方がインパクトあるような気もするんですが、まぁ、私はオタク女子とは言っても毛色がだいぶ違うみたいなので参考意見にはまったくなりませんです。
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

矢野トール says...""
いや、恐らくは物語とか展開とかとくになくて、ネタで押すタイプのものと思います。
ひとりだから、物語の筋とかどうしようもないだろうし。
ビジョアル的には、一応絵で見せておいて、あとは脳内補填しまくってくれ!みたいな感じでしょう。

モテないって言っても、男前があくまでも基本だから。
全体的には、王子さまやら何やら、つまりはメイド服来た巨乳のかわいこちゃん設定キャラが「おかえりなさい、ご主人様」って語りかける系のものと同じ感じかなぁと。

妄想のみ、ネタ企画で、現実離れしたことされると引いてしまう私には、これは危険物です(笑)
むしろ、BLの方がCDドラマは面白いような気もする。
2008.08.06 12:50 | URL | #- [edit]
MARIA says...""
発売元がキャニオンってところにものすごいびっくりしたのですが・・・。
あれ?
今までもメジャーレコードからこういう系って出てたの・・・?

個人的には、BLとかが好きじゃないので、
対乙女のストーリーなら聞いてみたいなーってのはあるけど、
ネタうんぬんより、ストーリーが面白くないと、
買ってがっかりするだろうなぁ、みたいな。

でも、私は寝る時に聞く用途しかないといえばそうなんですが・・・。

でも、オーディオッブックなのに、「男前」って・・・。
モテない男前ってどんなんんだよ、みたいな(笑)
そこらへん「男前だ!」と納得させる作りに・・・
なってるとは思えないけど(苦笑)
2008.08.04 22:06 | URL | #- [edit]
矢野トール says...""
言われてみれば、声だけで「メガネかけてる」って、確かに認識しにくいですよね。
あれか、脳内イメージ映像で補填なのでしょうかね?
「あ、メガネが曇った・・・」とか、ほんと、そういう台詞がはいるのかなー。
ソムリエがきっと買うので(決め付けてるw)、聞いてみます。

>「カテゴリ化する事で反応しやすくなった」

これはありますねー、確かに。
ただ、「ツンデレ、メガネ」で「ね、萌えるでしょ?」とか、「男性キャラを猫耳、メイド服、受けH」にして「ね、萌えるでしょ?すごいエロでしょ?」って、カテゴリーくくれば定番化された反応や感想が得られるはず!みたいなのが増えたような気がするんですよね。
シバッチさんの言うように、その中にもいろいろあるはずで、「だから萌えて当然」って意味のカテゴリーではないと思ってたんですが。

>「矢野さんの好みっぽいキャラが出てるよ」
あはははははー。
私の好みはえらくあっちゃらの方向にいってるので、これをいえる人は少ないです。
でもそういわれると、確かに見たくなりますねー。
2008.08.04 17:02 | URL | #- [edit]
シバッチ says...""
どうもです~~。

こういうのを見ていると、だんだんと女性が男の性風俗の様なものを出してきたって感じがしますね。
服などの設定に興奮するのは、男は昔からやってますから。
そこら辺に関して、女性も大っぴらにし始めたって事ですか。

しかし思うのですが、音声媒体で容姿の設定って意味があるんですかねぇ。
性格や人間関係は分かるんですけど、「眼鏡」と言われても分からないじゃないですか。
そこら辺は妄想で補うのでしょうか。

それとも「眼鏡に触るなよ」みたいな台詞でもあるんですかね。
眼鏡に触れている音を出すとか。

果たして「眼鏡」と意識しないで聞き始めたとしても、眼鏡を意識できる内容になっているのでありましょうか。
微妙に気になります。

>決まりごとなんでしょうか?>本当に素朴に疑問
そういうのはツンデレが流行り出した時に語られてましたね。
「昔からそういったタイプはいるのだけれど、カテゴリ化する事で反応しやすくなった」という感じですか。

「何かいつも怒っているんだけど、実は優しくて、でもそれを素直に表現できないタイプ」というのを、「ツンデレ」の一言で済ませられれば簡単ですからね。

他にも「綾波キャラ」なんてのもありますな。
綾波キャラを説明すると面倒ですが、「あのアニメには綾波キャラが出ている」と言われれば、綾波キャラ好きは反応しやすい訳ですよ。

まあ、実際は細かい部分で「趣味じゃない」ってなる事はあると思いますけどね。
私もツンデレは、好きなタイプと嫌いなタイプがいますし。
結局は大まかな指標なんじゃないかと。

矢野さんも「矢野さんの好みっぽいキャラが出てるよ」と言われたらその作品に興味持ちませんか?
その「好み」の部分がカテゴリ化されているか否かの問題じゃないかと思いますわ。
2008.08.04 16:34 | URL | #tvwK72QI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orbyano.blog75.fc2.com/tb.php/1590-651ea455