FC2ブログ

orb

アニメとGAMEとマンガな日々

アニメ感想まとめ  

視聴中のアニメ感想、まとめです。

「どろろ」はまとめ見なので、また今度。

「盾の勇者の成り上がり」

イラつく部分もあるんですが、面白く見ています。
ウソつきビッチ王女に、みんなそろってだまくらかされているって、どんだけ馬鹿なの?と毎度思いますが、彼女の策略が、過去に起きた何かと王様の思惑に支えられている部分があるってのは見え隠れするので、そのあたり、アニメで放映される間にきちんと見せてくれるかなぁと、そこが気になってる真っ最中。
槍の勇者がクソすぎて、一発撃っとく?みたいな気になりますが、彼には彼の物語があるそうで。
まぁ、勇者と祭り上げられて、異世界飛ばされた高校生とか、世間知らずもいいところだろうし、だまくらかされて転がされて、いいように利用されるってのもあるんだろうなと思いました。
一見、むっちゃラノベかと思っていたら、けっこうシビアなガチファンタジー的な部分がけっこう多くて、あの萌え絵にだまされてはいかんなと思ってます。
たぶん2クールでいったん終わるでしょうから、物語最後まではやらないと思うので、続きが気になる今日この頃。

「鬼滅の刃」

原作は7巻目くらいで挫折。
アニメも、最初は見る予定じゃなかったんですが、音楽が梶浦由紀さんだったので見てみることに。

最近のアニメでものすごーくだめポイントが、見せる絵見せる演出、見せる動き、みたいなのがないところで、ただ物語を運んでいるだけで、さらーってしてるってのでして。
いわゆる、溜め、みたいなのもないし。
これが理由で、「ゴールデンカムイ」も「からくりサーカス」も挫折。
どういう事?って、見せる系のいい例としては、グレンラガン11話、シモン覚醒のシーンで、「兄貴は死んだ!もういない!」からの一連のシーンとかです。
あと「鋼の錬金術師」の最初のアニメにも、そういうのが多くてよかった。
つまるところ、熱量ってことかも。

で、「鬼滅の刃」もそのあたり、若干気にしていたんですが、これは良い意味で裏切られました。
絵の構図がいいのと、見せるところをしっかり見せてくれるので、面白く見ています。
これも、連載はまだ途中だし、長い物語なので、どこまでアニメでやってくれるかなぁと。

「キャロルアンドチューズデイ」

第一回がものすごーく良くて、超好みだったので、えらく期待していたんですが、期待の分だけ、急転直下で下がっております。
音楽はいい。
無茶苦茶好みです。
だがしかし、話の展開がクソだった。
マネージャー登場はいいんですけど、プロでそれなりに名をあげていたという彼の仕事が素人以下で、そのクソプロモーションに2回くらい話数とってて、完全に萎えました。
もともと、火星に移住できるレベルの時代に、ガジェットがスマホ、インスタにYoutubeとか、そこだけえらく古めかしいのも気になっていて、そこへもってきて、学芸会以下のレベルでプロモーション映像作るとか、ライブやろうとか、頭抱えてしまった。
結局は、ライブハウスの前座でデビューってオーソドックスなところに落ち着いてましたが、そこに至るまでに、くだらない話にもっていきすぎ。
本人たちの「音楽やりたい」ってのも、どうにも意識が学芸会レベルで、彼女たちの目標がどこにあるかもさっぱりわからず。

同じような題材で、「はじまりの歌」という映画があるんですが。
自分が作った曲を提供していた恋人の男がデビュー、人気を得て浮気。
傷心の主人公の女性がたまたまあがった小さなステージで歌った歌に、おちぶれたかつての敏腕プロデューサーが感動し、彼女をプロデュースすることに。
金はない、場所もない、ツテも使えないってところで、バンドのメンバーを音楽やってる素人(でもかなり出来る人たち)で集めて、ストリートジャックで演奏して、その動画をYoutubeにあげて大ヒットにつなげていく話です。
もしかしたら、「キャロルアンドチューズデイ」も、この映画をインスパイアする形で作られているのかもしれませんが、いかにせん、劣化しすぎでお話にならない。
コメディの部分、もちろんあってもいいんだけど、あのマネージャーは邪魔なだけだし、主人公ふたりの魅力が、回を重ねるごとくに失われていっていて、なんかもう、どうしていいんだかわからないレベルになってる。

街の雰囲気や描写、音楽シーン、そして音楽が滅茶苦茶好みなので、もうしばらくは見てみるつもりですが、なんかこのままだと、最終的には音楽CDだけ買って終わる気がしなくもない。

番外 「きのう何食べた?」

西島俊之と内野聖陽という、ガチ漢!俳優もってきて、このほんわかまったりラブラブなドラマが出来ているところが、すでに奇跡。
もう、恋愛ドラマも恋愛マンガもさっぱり見なくなっておりますが、「愛してる」だの「好き」だの大騒ぎしなくても、こんな愛にあふれたドラマできるんじゃねーか!って思います。

内野さんが、あまりにもケンジで、しかも乙女炸裂で、過去、山本勘助や徳川家康やってた人とは思えぬレベル。
すごい、俳優ってすごい・・・と、感嘆の言葉しかない。
さらに、ジルベールがあまりにジルベールで、もうテレビの画面の前で転がりました。

インタビューで読んだのですが、このマンガ、過去何度か映像化の話があったそうですが、「ご飯のシーンはなしにして、ゲイとして生きることを描いたものにする」とかいうのもあったとのこと。
よしながさんはそれ、断ったそうですが、あの原作読んでそっちもっていくとか、どんだけ脳みそ歪んでるんだよ?と思うレベルです。
今回のドラマ化、たぶん、最高のタイミングと最高のスタッフなんだろうなと思いました。

はっきりって、40代、どうあってもおっさん世代の、さらにゲイなカップルの日常生活を描いている【だけ】の話ですが、見ている我々がこんなに幸せになるって、ありがとう!ありがとう!しかありません。
OPとか、おっさんふたりがいちゃこらしてるだけなのに、それ見てるだけで、幸せな気持ちになる。

そういえば、「光のお父さん」も映画化だそうで。
ゲーマーの日常がこういう形で広まっていくのは、ひとえにマイディーさんとジョビのみなさんのおかげ。
ヒットするといいなぁ。
スポンサーサイト

Posted on 2019/05/18 Sat. 10:54 [edit]

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

勝てなくなったわけ ~ レインボーシックスシージ  

CoD MW2リマスター、気分転換にやってみたら、シージのエイムと立ち回りがクソになりました。
やばいくらい、クソになった。
泣きながら、ひとりでリハビリしました。

最近シージ、勝てなくなりました。
それで今のフレンドさんたち、イライラしたり暴言吐いたりする人はいないんですけど、やっぱり勝ちたいわけで。

原因はなんとなーくですが、わかってる感じします。

最近、ゲームできなくなっちゃった人が数名、逆に以前よりできるようになった人が数名いて、若干メンバー構成がかわって固定されてきました。
で、最近よくいっしょにやるメンバーは、キルしたい人が多い。
どんだけって言うと、守備の時は、敵の進入口をわざと開けておくこと推奨で、壁の補強しないで、逆に穴あけることが多く、時には味方のガジェットを壊してまで、キルしようとする。
敵をみやすくするために開けた穴、わざと開いたままにしておいた入口、当然ですが、敵からもこっちが見やすくなってる。
あけっぱなしのところ、あけたままにした人がきっちり防衛していればいいんですが、そういう人はキルするために動き回るので、ほぼそこを見てるってことはなく。
そして、敵探して動き回り、敵のいる場所がわかると、顔出してやられる。
私と女性フレさん、新兵の頃、守備で顔出してやられまくったので、あえて出さないってのを身につけたんでわかるんですが、「顔出さないほうがいい」って言っても、彼らはほぼ顔出してやられちゃう。
当然ですが、ガジェット壊したところ、補強していないところは手薄なので、そこから侵入される可能性は超高くなる。
敵がひとり、こっちが4人とかでも、敵を探し回ってばたばた走り回るから、ガン待ちしている敵にやられて、逆転されて負けることもよくあるって感じになってきました。

攻撃も、完全凸だったらそれでいいんですが、ミッションクリアを目的にしないで凸るので、例えば爆弾解除でも、デフューザーしかけられるのにしかけないで、敵探しに行ってそのままやられて全滅・・・なんてのもよくあるパターン。
デフューザー仕掛けた後、残った敵探しに行って全滅、解除されるケースも多い。
私はみんなと違い、敵の出方をものすごく待つプレイなので、キルしたい人たちには、ちょっと物足りない感じがしているようですが、サバイバル率がいちばん高く、ガジェットに使い方は自分でも自信あるレベルなので、そこでみんなの気持ち上では挽回されてるようです。
最近やらなくなってしまった上手だったフレさんが、「生き残らないと勝てないゲームだから」って、生存率がめちゃくちゃ高かったので、私はそっちのプレイスタイルをとったんですが、同じ方向でプレイする人は、今はいません。

ガジェットのひっかけ率(針、マット、爆薬関係)が無茶苦茶高いので、たまにどうやってるのか聞かれるんですが、敵の進入口に仕掛けているだけです。
敵の進入口 イコール我々の進入口なわけで。
自分がデスってもガジェットは残るので、ありがとうガジェット!です。

キルしたい人たちは、敵が迎撃にでてくるよって開始前にいっても、気を付けないでやられちゃうことが多い。
この間それで、いっきに4人やられて、私だけになっちゃいました。
いやもう無理だろう、それ(笑)

私はあんまりキル数は気にしてないのですが、ガジェットがひっかかるとうれしいです。
ただ、私の場合、相手をこっちに誘いこむプレイなので、今のメンバーのプレイスタイルだと、実はとてもやりにくい。
私がガン待ちしているポイントの前(敵からは微妙に見えない)に、フレンドがいきなり出てきて、進入しようとしている敵に迎撃すると、もうそのポイントにはいられない。
敵から中を見れないようにたてたシールド、「敵が見えない」ってフレに爆破されて、結局そこから見られて味方倒され、そこから侵入されて私以外全員倒された・・・なんてこともありました。
敵を迎撃するためにってあけた穴で、味方がやられまくって終わることも多数。

個人的には、戦略的なゲームだから、「キルするゲームじゃん」とかになったら、負ける確率は上がるのは仕方ないよなって思ってます。
まぁ、いっしょにやってる人たちは基本、楽しければいいというメンバーなので、負けても険悪になることはないし、それぞれ好きにプレイするってのが前提だから、変わらず楽しくやってはいます。
ただ、私がフューズを打とうとする直前に、窓壊すとか、凸ってくるのがわかってる敵に対して張ったキャッスルを壊すとかは、さすがに「やめてください」と言いましたが。

とりあえず個人的には、もうちょっとエイムを向上させることが重要。
エイコックを使うといいと思うんですが、私、それつけると近距離が全滅になるので。
凸ることもできるようになるといいんだけど・・・と思っております。

Posted on 2019/05/12 Sun. 00:18 [edit]

category: Game

tb: 0   cm: 0

ケムリクサ 視聴終了  

録画しておいた「ケムリクサ」、だいぶ遅れましたが、視聴終了しました。
最終回見た人たちの絶賛の声がすごくて、どんなだろうって楽しみにしながら見ていました。

「けものフレンズ2」トラブルは、アニメファンの間ではかなり大きく話題になっていましたが、実際に何があったのかは未だわからず。
憶測飛び交う中、現時点ではっきりわかっているのは、たつき監督は自分の作り上げた「けものフレンズ」に関わることはできなくなって、まったく別の制作陣が2を作り、それが、1の世界観を踏襲するどころか、破壊する結果になったこと。
2の監督や制作関係者が、呪詛としか思えないような、たつき監督への言葉をSNSに書いていたことです。
角川書店が何をどうしてそんなことしたのか、真実は今もわからず。
公式に謝罪は出されたものの、「角川側にたつき監督を忌み嫌う人間がいる」みたいな噂ばかりが出ているだけで、つまるところ、「けものフレンズ」は、別の世界のものになってしまいました。

そういう中で作られた、たつき監督の「ケムリクサ」。
世界観は、「けものフレンズ」に近いものがあり、どうやら人類はすでに存在していないっぽい雰囲気。
違うのは、明るかった「けものフレンズ」に対して、「ケムリクサ」は赤黒い、緊張感のある暗い世界ってところ。
そこで生きる不可思議な姉妹と、突然現れたワカバという青年。
「ケムリクサ」は、彼らが水を求めて旅する物語でした。

全部見たんですが、私、申し訳なくも、さっぱりわからず。
さらに、まったくのめりこまず。
世界観は素晴らしいし、それぞれのキャラクターも魅力的でしたが、見終わった後、「??????」って状態でした。
馬鹿なのかもって、本当に自分で思った。

たつき監督がああいう世界が好きなのは、よくわかりました。
あれは、たつき監督にしか描けない世界だし、作れない物語だと思います。

友人とも話しましたが、あの不可思議さ、わからなさ加減、そして散りばめられた謎が、刺さる人にはものすごく刺さるのかも。
あと、最近はほとんどが原作ありのアニメなので、オリジナルアニメという存在そのものが稀有だってこともあるかと思います。
これからいったい何が起きるのか、どうなるのかってワクワクは、オリジナルでしか味わえない。

なんでもかんでも説明ついて、オチがつくのがいいとは思っていないので、まったくわからないまま見終わってしまった私は、このアニメにはあんまりあってなかったんだろうなって思いました。
とはいえ、あんなことがあった後でこの作品、たつき監督の才能と存在は、確固たるものになったと思います。
これからもまた、たつき監督のアニメを見ていきたいと思いました。


Posted on 2019/05/03 Fri. 18:12 [edit]

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

アベンジャーズエンドゲーム 見た  

見てきました。
ネタバレなしの感想です。

私、マーベルのファンじゃありません。
むしろ、どっちかっていうと苦手な方。
このシリーズも20作品以上あるそうですが、全部は見てません。
なので、思い入れはこれっぽっちもないです。

そんな私が「エンドゲーム」見て、「こりゃすごいわ」となりました。
集大成だし、あれだけいた登場人物をしっかり出して、しかもきれいにがっちりまとめて終わってます。
どんだけ出演料払ってんだ?くらいのレベル。
笑いと涙のコンボも相変わらずで、あの「インフィニティウォー」のあの最悪の結末からその後、悲劇的にしすぎずに描いていて、そこが個人的にはとてもよかったです。

熱烈なファンの中には、否定的な人もけっこういるらしいですが、すべての人が満足するようなものは世の中ないので、仕方ないかもとは思います。
このシリーズのファンでもある、ハリウッドの映画テレビ関係の仕事している友人は、ものすごい歓喜のメールを送ってきました。
出演者も歳をとってきてるし、永遠にこのシリーズを続けることは無理なわけで、そのあたりも考えての最終話とのこと。
まったくマーベルファンじゃない私ですら、うっかり泣いたので、とりあえず、それくらいインパクトのある作品だったよということで。

ここからはネタバレ。
個人的に考えたことです。



-- 続きを読む --

Posted on 2019/05/01 Wed. 19:27 [edit]

category: 映画

tb: 0   cm: 0

FC2カウンター

プロフィール

ブログ検索

カレンダー

カテゴリー

コメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

お薦めアイテム


▲Page top