orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

イケメン登場

職場が変わりました。
転職とかではありませんが、とりあえず、オフィスの場所も変わって、周辺人事も変わりました。
変わってびっくり、前と全然違います。

外国人はいるにはいるんだけど、全員、日本人と同じくらい日本語できるので、社内で英語使う必要まったくなし。
その変わり、メールのほとんどが英語。
ニューヨークと香港から、がんがんメールくる。
朝、メール開くと、100通とか軽く超える量できてます>しかも全部英語。。。ひー。

上司は2名、ふたりとも30代前半の男性。
ふたりとも、アメリカ超難関大学、および大学院卒でむちゃくちゃ仕事できる、仕事する人たちですが、なんか、ものすごくいろいろいい感じでゆるいです。
それぞれ毎月アメリカ本国出張とかしていて、無茶苦茶多忙。
なのに、イライラしてるところ見たことなく、感情を乱しているとこともみたことなし。
人のこと、あしざまに言うとかまったくなく、愚痴も文句もなし。
移ってきた私が困って聞きにいくと、「なんですかー」って感じで、超多忙な中、笑顔で対応。
さらにAさんは既婚なんですが、奥様も仕事をされているそうで、子育て完全共有、家事も共有とのこと。
え?こんなに忙しいのに?って言ったら、アナリストの女性が「びっくりしますよね」と言っていたので、本当だろうと。
はっきりいってふたりとも、年収数千万とかですが、派手なところも、金満なところもまったくなし。
っていうか、ごくごくふつー。
ブランドでぎらぎらもなし、自慢話とか欠片もなし、金とか立場とかにあかせてドヤることいっさいなし。

そしてわかったこと。

無茶苦茶頭の切れる、無茶苦茶仕事出来る人たちがいっしょに仕事すると、くだらない感情的なものはいっさい持ち込まず、短い時間で最高の結果を出すためにすべての無駄を省くため、結果、仕事はものすごくしやすいが、半端ない量が発生するということになるのでありまして。

しかし。

クッソくだらないことがいっさいなく、えげつない下品な自慢話もなく、札びらで顔叩いて人を奴隷扱いしたり、金がすべて!みたいな考えないので、死ぬほど忙しく、連日残業でも、まったくストレスがないのでありました。

すげー。

先日の彼らの会話。

「前にいたXXさん、なんか絶対そうは見えないんだけど、ヘッドハントが群がってくるくらいすごい人で、フランクミューラーの時計して、ジョン・ロブはいてた」
「それで、僕にまで、フランクミューラー買えよーって言ってきて、いや、そんなん無理ですって言ったんですけど」
「なのにXXさん、ワイシャツ、お尻のところでべろんって、いっつも出してるんですよねー」
「鞄も、どっかのイベントでもらったもの、ぼろぼろなのに使ってて、買ったらいいじゃないですかって言ったら、『そこはさぁ、いっこくらい、どこかで気ぃ抜いた感じが大事だろ?』って言われて、いやいやあなた、そこ以外も抜けてますよって」
「なのに、凄腕だったですよね」
「XXX社の件であの人、ものすごい収入得たそうですよ。億単位」
「なのに、ぼろぼろの鞄愛用してるから・・・」

とりあえず私、ものすごく忙しくなりましたが、クッソなストレスとフラストレーションはきれいさっぱりなくなりました。
さらに、しばらく離れていた英語の現場に戻り、悪戦苦闘中です。

前のところの自慢屋女子は、彼氏ゲットしたそうで、最近エルメスのバッグを持ってきているそうですが、相変わらずまともに出社してこないとのこと。
なんでか知らんが外資系企業、一定数、まともに出社してこないくせに、「私、こんなに仕事してるの」ってドヤってる女の人、いるんだよな。
どの人もわりときれいな人で、モテてる感じの人ばかりですが、彼女たち全員、やることなすこと全部うわっつらで、おおむね本人のイリュージョンで生きてる。

そういう輩がいない、新しいオフィスでありまする。
(他の秘書やアシスタントの人、無茶苦茶美人さんばかりで、目の保養中!!!)

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。