orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

火消し、江戸を走る!!! ~火喰鳥

           

とある方からお勧めいただき、読み始めた本です。
いやもう何これ!ってくらい面白くて、前のめりに読みました。

火消しは、江戸時代のヒーローでありまして。
木材使用の戸建てがひしめく江戸の町のいちばんの脅威は、火事でした。
消火には水をつかうわけですが、当時は放水する機材はないわけで、手桶になります。
被害を食い止めるには、周辺の家や塀を、火がつく前に壊しまくり、それ以上の被害を出さないようにするのが、江戸時代の消火活動と聞いていました。
火消しは、武家が抱える火消しと、町火消しがいて、それぞれ組の名前や衣装があって、競い合っていたそうです。

この物語の主人公は、かつて火喰鳥の二つ名を持っていた、有名な武家火消し。
ある事件から役目をとかれて、冷や飯食いになっていたところを、小藩に請われてちそこでお抱えとなります。
その藩の火消しチームは、トップをバックドラフトで失って、建て直しを必要としていました。

冒頭から、すっげー胸熱で、思いっきりもってかれたと思ったら、そのまま怒涛の展開。
次々出てくる、癖のある脇役も魅力的だし、主人公をとりまく上役やら奥さんやら、他の組の火消したちも、とても魅力的。
次々おこる火付けによる火事に、全員が一丸となって立ち向かっていく姿は、ガチで胸熱。
大好物な展開でありました。

こういう、たくさん人が登場する物語になると、それぞれの人物についての描写が薄いと、物語そのものが薄っぺらいものになってしまいますし、いわゆるラノベ展開で、全部が主人公のために存在してる、まわってるみたいになると、熱い展開もうわ滑りなものになってしまいます。
この物語は、火消し”ぼろ鳶”に参加するメンバーそれぞれを、とても丁寧に描いていて、しかも、ものすごくキャラが立っていて、素晴らしい。
それぞれの想いや願い、火消しに賭ける情熱や仲間への信頼とかが、そういう描写によって際立っていて、火消しシーンでの彼らの活躍や言葉に深みを与えてくれます。
そういう描写は、悪役や犯人、ちょろりと出てきた人にもきっちりあって、火付けの犯人がただの悪い人になってないところも、とてもよい。

もともと、江戸の町を舞台にした小説、大好きでいろいろ読んでいますが、火消しの小説は初めてでした。
かっこいいよ!!!火消し!!!
それぞれの二つ名が、これまたかっこいい!
いいよねー、江戸ものって!!!

通勤中に読んでいて、何度もうっかり泣きそうになり。
ちょっといっぱい詰め込みすぎな感じ、しなくもないけれど、そんなの気にならないくらい面白かったです。
大好物な、胸熱小説でした。
続編が出てるそうなので、探してそっこー読みたいと思います。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。