orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

すっきりと子供のアニメ ~メアリと魔女の花



こっち系のアニメは、最近はほとんど見ておりませんで。
みんなが大好き大絶賛のジブリも、ハウル以後は見てません。
個人的には、ジブリは「ラピュタ」までかなーなんて思ってます。

そのジブリ出身の米林監督の作品。
「思い出のマーニー」はテレビで見ました。
この映画、見ようと思ったのは、音楽と台詞が予告で印象に残ったから。

楽しかったです。
ふつーの子供のための映画でしたが、大人が見ても楽しめる。
いいなと思ったのは、メアリが子供らしいお馬鹿さんぶり大発揮なところ。
変に成熟したところとか、ない。
説教くさい部分もなし。
短慮で浅はか、おだてられたらいい気になっちゃって、でもあとでそれがどういうことだか気づいて慌てふためく。
うん、とっても子供だ(笑)

ジブリと比べて酷評している人も見ましたが、すでにジブリアレルギーになってる私が素直に楽しめたというところで、比べる必要を感じません。
絵とか雰囲気とか、そりゃもうジブリの空気満載ですが、あまり気にならず。
確かに、「これはジブリのあの作品にもあったような」って部分は多数感じましたが、それも別にとり沙汰するほどのことはない。

物語がとってもシンプルだったのが、とってもよかったです。
その分、細かいところがだいぶ差っぴかれてしまっていて、例えばピーターがどういう子かとか、どういう家庭の子かとか、ちゃんとした描写がいっさいなかったりしてたり、種を盗み出した魔女のいきさつ、その後がかなりアバウトな設定だったりとか、ちょっともったいないんですが、そこは尺の問題もあるので、見ていて気になるほどでもなく。
悪役な人達が個性的で、声をあてた俳優陣も上手だったので、楽しかったです。

ハリーポッターとか指輪物語とか、その他欧米のファンタジー映画って、どれも色がダークなんですが、日本のファンタジー映画なアニメはどれも色がカラフルでいいなーと、この映画見て思いました。
カラフルだし、明るいし、悲壮感がないのがとてもいい。
魔法の国って、子供視点だったら、こっちのほうが絶対いいです。

絵も演出も動きも、完全にジブリを継承している感じですが、今後、新しいプロダクションとして映画を作るにあたり、スタジオボノックとしてのオリジナルな部分をもっと出していってくれるといいなと思いました。
例えば、キャラの絵そのものとか、ジブリ継承じゃない絵やキャラを使ってみてほしいし、演出も、もっと違うテイストや色を出していってくれたらいいなと思います。
そうでないと、いつまでもジブリを引きずることのなるし。

この映画は、人が死んでません。
悪役はいるけど、極悪非道というわけじゃない。
マーニーに続いて、おばあちゃまと孫って関係がクローズアップされてて、最近そういうの流行なのかな?と思ったりもしました。

私は好きですよ、この映画。
かわいかった。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。