orb

アニメとGAMEとマンガな日々
MENU

それは時にリアルを超える ~光のお父さん

「光のお父さん」、テレビで全話、Netflix で特別編見ました。

いやぁ、特別編、ヤバかったっす。
朝、通勤中の電車の中で見たんですが、うっかりガチ泣きしちゃったよ。
ほんとに。
たまらなくなって、だーーーーって両目から涙が出ちゃったよ。

本編はお父さんの息子だったんですが、特別編は、本編でも活躍していたララフェルのアルちゃんのお話。
マイディーさんのブログの方でも紹介ありましたが、アルちゃんは同じララフェルのゆっきーさんとリアルにご夫婦です。
ふたりは、FFの世界で出会い、ともにジョビのメンバー、普段もふたりのやりとりに、マイディーさんが微笑ましいと書かれていましたが、ドラマでは、ふたりがリアルで結婚式をしていないということで、FFの世界で結婚式(に該当するイベント)を行うというもの。

アルちゃんについては、マイディーさんがブログで、「いつもメンバーのみんなに配慮し気を回し、初心者にもとても細やかに対応してくれる」というようなことを書いていましたが、ドラマのアルちゃんもそんな感じでした。
マイディーさんの部分は、ドラマ見てる我々は、先に光生とお父さんを知っていて、そこからFF14の世界のふたりを見るので、リアルとバーチャルの境目は感覚的にはありませんで。
しかしアルちゃんについては、我々はあのララフェルのアルちゃんしか知らない。
ドラマの中でも、いつもインディーさんを心配し、マイディーさんに知らせたり、いろいろ細やかに配慮していたりして、同じゲーマーとして、「アルちゃん、とても良い人なんだなぁ」と思っておりました。

結婚式なイベントの直後、いきなり登場した女の人。
その人がアルちゃんとわかった瞬間、なんかもう、涙が止まらなくなっちゃった。
ああ、この人なんだ。
この人だったんだなーって思ったら、本気で涙がこぼれました。
初めてそこで、アルちゃんという人が、リアルな存在になりました。

アルちゃんのあの優しさ、細やかさは、リアルなんですよね。
あの女の人なんですよ。
彼女のすべてが、アルちゃんなんです。

結婚式ほんとうはしたいんですよねってマイディーさんが言ったシーンも、一瞬、画面閉じたくらい、ヤバかったです。
(ここは涙耐えた)
「なんでわかるんですか?」と言ったアルちゃんに、マイディーさんが「長いつきあいですから」って言ったとこ、ばって画面閉じて、上見ちゃったよ。
涙がすごい勢いで出てきちゃった。

オンラインでフレンドになって、それこそ何年もバーチャルな世界で親しくしても、多くは一生会うことない人たちです。
顔も知らない。
先日、フレンドさんが年上かとか年下かとかいう話題を持ち出したら、年長さんな人が、「ここはさ、そういうの関係ないよ。年齢も、性別も、職業も関係ないよ。そういうものを持ち込まない、関係ない世界だから出来る良い関係ってのもあるんじゃない?」と言ってて、それな!となりました。

フレンドじゃないんですが、とても心に残っていることがあります。

311の直後、まだしょっちゅう予震が起きていた時、バイオ5やってて、いきなり大きな予震がきて、プレイ中にコントローラー放置して一瞬逃げる用意したことがありました。
揺れがやんで、戻ったら、ゲームはふたりとも死んで終わってましたが、相手もぬけていなかったので部屋はそのまま。
「すみません、ちょっと揺れました」とメッセージ送ったら、「こちらもです」と返事が。
その後、「大丈夫でしたか?」とまたメッセージがきて、うっかり泣きました。
偶然いきあった見知らぬ誰かのその言葉、心に沁みました。
私も、「ありがとうございます。大丈夫です。そちらは大丈夫でしたか?」とメールしたら、「驚いて立ち上がって、コップ倒しました」と返事がきました。
その人とはもう一度ゲームして、その後、「ありがとうございました」とメッセージして終了しました。
どこの誰かも知りませんが、地震で怖かった日々の中で、とても心に残った経験です。

「光のお父さん」は、オンラインゲームの世界を知らない人に、その楽しさと素晴らしさを見事に見せた、素晴らしいドラマでした。
これをきっかけに、FFに戻る人、始めた人もたくさんいるそうです。
いいことだ!!!
私がやってるFPSの世界は、ゲーム初心者に勧めるのはまったくできませんが、FFはどんな人でも楽しめると思います。

ひとついえることは、人間というのは、リアルもバーチャルも変わりなく、人間関係のあり方も変わりません。
むしろ、オンラインの世界の方が、その人の本質が出やすいんじゃないかと思います。
だから、素晴らしいリーダーシップを取るマイディーさんは実際そういう人だろうし、リアルでは口下手でいかついお父さんは、実はゲームの中での面白い、くそ真面目なインディーさんが本当に近いと思います。
きりんちゃんも、破天荒で予想不可能な面白さの人で、あのまんまリアルじゃないと思うけど、そういう楽しい部分をいっぱい持ってる人だと思います。
そして、アルちゃんは、優しくて細やかな人。

特別編は、本当に本当に、よかったです。
ドラマ全部見た後あれ見たら、ガチ泣きます。

スポンサーサイト
Category : TV
該当の記事は見つかりませんでした。